HMAENの歴史を凝縮した ユニセックスショルダー Zeppelin S

2018.11.1

「Zeppelin S」は、HMAENが長年作り続けてきた「Zeppelin」をミニサイズに作り変えたものです。レディースラインに取り組んできたおかげか、女性のお客様から「既存のメンズバッグをレディースサイズに作り変えて欲しい」という声を頂くようになったんですよ。

 

ただ、サイズを小さくするというのは簡単そうに見えて本当に難しい作業なんです。使う革の大きさが変われば、縫製に引っ張られる力も変わるし、素材の重みの変化でシルエットにも影響が出てしまう。

特に「Zeppelin」は、HMAENの代名詞とも言えるバッグなだけに、ミニサイズでも存在感が失われないサイズ感とシルエットを探すまでには相当な時間がかかってしまいました。


サイズが小さくなったことで変化したのは、ショルダーを通す耳の部分。

このバッグは一枚革を斜めにつなぎ合わせる特殊な作りなので、ミニサイズにするとファスナーの開きが悪くなる。だからこの耳を採用しているのですが、シルエットを保ち利便性を高めるだけでなく、デザイン面から見ても、小ぶりなバッグの良いアクセントになっているのではないでしょうか。

 

当初はもっと細いショルダーを付ける予定だったのですが、近年メンズ寄りになっているレディースバッグの流行や、男性からのニーズも考慮して太めのショルダーを付けることにしました。

元はメンズバッグのデザインですし、作ってみたら男性でも違和感なく持てるものになったと思うので、男女問わず楽しんでもらいたいバッグですね。