模倣を許さぬ領域へ Zeppelin 5th

2017.5.28

スタッフの間で「胃袋」と呼ばれているこのバッグは、HMAENのロングセラー。いつも売れているからこそ、そろそろ私たちも原点回帰し、このバッグが皆さんに受け入れられている理由を見つめ直す必要があると考えていました。

また、何よりも他社に真似されたくないという気持ちから、デザイン面でも技術面でもさらなるブラッシュアップをかけて、模倣者が踏み込むことのできない領域にまで、このバッグを高めていく必要があると考えていたのです。

こだわったのは、これまで縫製に革が引っ張られて、なかなかきれいにアールを出すことができなかった腹の丸みの部分。今回は、以前より大きめに切り出した革を鎚で叩いてクセをつける、いわゆる「型出し」という作業に時間をかけることで理想的なアールを実現できたと思います。さらに、ポケットの部分は開口部を広げ、指に妙なひっかかりがないよう、ジップまわりの加工にも一層磨きのかかったコバ処理(コバの塗り重ね・ロウ塗り)を施しています。

そもそもこの「Zeppelin」は、たった2枚の革を難易度の高い縫製で繋ぎ合わせるクレイジーなつくりのバッグです。しかし、この設計を可能にする技術を磨き続け、いつも手間を押しまず作業に取り組んできたことで、いよいよこのバッグにも風格のようなものが備わってきたように感じています。

もうやり残すことはないというくらいまで作り込んだ「Zeppelin 5th」。細部のクオリティを自然と漂わせるようなカタチへと生まれ変わったこの鞄は、HMAENのド定番ともいえるバッグに仕上がったのではないでしょうか。

zeppelin5th

zeppelin5th

zeppelin5th

zeppelin5th

zeppelin5th

zeppelin5th

zeppelin5th

zeppelin5th

zeppelin5th

zeppelin5th

zeppelin5th

zeppelin5th

zeppelin5th

zeppelin5th

zeppelin5th

zeppelin5th

zeppelin5th

zeppelin5th

zeppelin5th

zeppelin5th

zeppelin5th

zeppelin5th

zeppelin5th

zeppelin5th

zeppelin5th

zeppelin5th