2018年の展望

2018.2.13

いよいよ5年目のシーズンに突入したHMAEN(アエナ)。デザイナー大友が2018年新作を語る。

——2018年新作のテーマは?

一言で言うと「逃げないこと」ですかね。
低品質で安価なだけのものづくりや、飽和しきったバッグ市場には目を向けずにきましたが、ここらで一度「バッグ業界が急速にカジュアル化していく現状」と向き合ってみたかったんです。そうすることで、世の中の人たちが本当に欲している鞄のカタチが見えるのではないかと。HMAENの新しいステップに必要な作業でした。

——具体的に一番変わった部分はどんなところ?

これまでは最初に「トートを作ろう」「ブリーフを作ろう」と考えてから細かなカタチを見出していたのですが、今シーズンは「より便利で、軽くて、持ちやすいバッグ」をイメージすることを全ての商品の出発点にしました。
携行品の量も減ったことで、いま市場では、バッグのカテゴリーがどんどん薄れてきている。そこに向き合った時に、自分もこの流れに抗うのではなくて、立ち向かってみようと思えたんですよね。必要以上にカテゴリーに縛られず、いま作っているバッグがどのカテゴリーに収まっていくかは作りながら考えるのでいいや(笑)って思えたから、レザーブランドでは異色だったナイロンのリュックや、サイズの小さいベタマチのカバンを押し出すことができたと思っています。

 

ss2018

——レザーブランドってどちらかというとクラシカルで伝統的なものだと思いますが、カテゴリーを脱却することに怖さはなかったのでしょうか?

そんなに難しく考える必要はないかなと思うんですよね。HMAENはこれまでもずっとレザーブランドとして機能美を追求してきたので、そこは変わらないでいい。技術の裏付けがある上で、もっと純粋にカタチと向き合ってみたらどうなるのか。とにかく今回は、バッグのカテゴリーとか、これまでのHMAENのイメージから脱却して、ものすごくシンプルにものづくりをしてみました。

 

〇新作一覧
Packer 3rd

Poche

Kaede S

Rugby

Tokyo 3rd

Allegro

Lid Packer 2nd

 

〇レザーに関して
Leather

 

〇財布・名刺入れに関して
Wallet